【MDD】MDD Diary 2017 #4 (2017/06/24)

【メディカルデバイスデザインコース】
 第4日目は『医療機器開発のための臨床医学4』です。本日午前は泌尿器科学教授野々村先生より、泌尿器の癌診療における医工学について、さらに、消化器内科学林先生より消化器内視鏡診療の現状と展望についてご講義いただきました。午後からは放射線医学(医学部附属病院IVRセンター長)の大須賀先生よりIVR(画像下治療)の実際とデバイスの現況について、さらに、整形外科学坂井先生より人工関節の現状と展望についてお話いただきました。
 ロボット手術、癌の凍結療法、内視鏡下の低侵襲手術、血管内低侵襲治療、人工関節インプラントのナビゲーションといった最先端の医療がどのように進んでいるのかについても詳しくお話いただきました。
 来週からは、『〜Module2〜医療機器開発のマネージメント』が始まります。初日はマーケティング、組織マネージメント、ビジネス分析、そして医療機器の販売といった、ビジネス化に向けた領域について学びます。


Leave a Reply

このページの先頭へ