世界初!“イメージセンサー先端搭載 次世代血管内視鏡カテーテル”を開発 ―大阪大学とパナソニックの産学医工連携で実現―

【MEI研究速報】
大阪大学国際医工情報センターとパナソニック株式会社が世界初 血管内を高画質カラー画像で観察できる医療機器を共同開発しました。
記者会見の模様は各メディアにて報道されました。
11月28日:テレビ東京 ワールドビジネスサテライト、読売テレビ NEWSZERO、NHK ニュースほっと関西、テレビ大阪 ゆうがたサテライト、ABCテレビ キャスト、関西テレビ みんなのニュース 報道ランナー
11月29日:読売新聞 朝刊36面、朝日新聞 朝刊9面、毎日新聞 朝刊4面、産経新聞 朝刊8面、日刊工業新聞、共同通信社
朝日新聞デジタル『パナと阪大、血管内見るカテーテル 先端撮影「世界初」』(11/28)
毎日新聞「パナ 血管内部を高画質カラー映像で 新医療機器を開発」(11/28)
日経デジタルヘルス「血管内前方をカラー画像で、阪大とパナが内視鏡カテーテル」(11/28)
日刊工業新聞電子版(11/29)
詳細はこちら

   

血管内前方を見ながらガイドワイヤー操作   マッチ棒先端との比較写真

Leave a Reply



このページの先頭へ