大阪大学国際医工情報センターロゴ

MDD2020卒業生 早川 剛一 さん

2020-12-31

MDD2020 受講
早川 剛一  さん 

(早川さんのコメント)

  私は、制御機器の製造会社に所属しており、地域医療に取り組まれている先生方から「使用してきた医療機器がなくなり患者さんに大きな影響がでる。何とかしてほしい」という声に押され医療機器の開発に取り組みました。しかし、似て非なる分野でゴールも見えず開発を断念するか決断を迫られていました。そんな時に出会ったのがMDDでした。講師の先生方の生の声から薬事申請、特許戦略まで学んだことをそのまま日々実践に活かし自信をもって継続することができました。MDDグラントをいただいたり他大学からも開発依頼を受け上市に向けて取り組んでいます。実践に活かせる医療機器開発が身につき、何より講師、事務局の方々の熱い思いが伝わり医療機器開発に取り組む苦労は、人のために役立ち、社員の利益にもつながる。そう実感できた講義でした。  

(事務局より) 

  早川さんはメディカルデバイスデザインコース2020年度にレギュラーコースをご受講されました。また、2021年度も新設の講義をご受講いただいております。

  早川さんは、2020年度のMDDグラントにご応募され、見事グラントを獲得されました。グラントについてお話しをお伺いした際に「何をすれば良いか分からなかったけれど、動いてみたら獲得できました!動くことが大事!やってみることが大事!」と仰っていた言葉がとても印象的でした。 経営者として常に持たれている「人のため、社員の皆さまのため」という思いや行動力が大きく広がっていった結果が今に続いているのだと思います。

  今後も貴社のさらなる医療機器開発を楽しみにしております。

  早川さんのますますのご活躍をご祈念申し上げます。