患者さんを救えるのは      
 お医者さんだけではありません。
医療機器開発のプロになって、  
 世界の患者さんを助けませんか?
卒業生からのメッセージ
メディカルデバイスデザインコース(医療機器開発講座)背景画像
メディカルデバイスデザインコース(医療機器開発講座)画像
申込受付(一般) 申込受付(学内) 講義一覧(2022) パンフレット 2022 Q & A MD Price Chart(保険償還価格推移) リレーメッセージ MDDダイアリー(コース実況中継)

MDD公式アプリ登場!

講義概要・講師略歴の確認はこちらから!

アプリを開く
1

医療機器開発 のための
臨床医学

5月 28日

6月 4, 11, 18日

申込締切:5月20日(金)

臨床医学を理解する

16の診療分野より、医学部の講義を医療機器に特化した形で分かりやすくお伝えします。医療機器開発に携わるメンバーとなるために必要な医学知識を習得し、医療現場のニーズを理解できるスペシャリストを目指します。

講義一覧 案内動画

2

医療機器開発
マネジメント

Group Working

Ⅰ リスクマネジメント(市販前編)

Ⅱ 申請・照会対応

Ⅲ リスクマネジメント(市販後編)

7月 2, 9, 16, 30日

申込締切:6月24日(金)

ルールを理解する

医薬品医療機器等法に基づき、医療機器開発に携わるすべての方が知っておくべき設計開発プロセス、薬事戦略(承認・認証)、医療機器製造販売業の役割、QMS(品質マネジメントシステム)、各種安全性試験の実務を理解します。

さらに、グループワーキングでは、リスクマネジメント(市販前・市販後)、申請・照会対応を中心に実践形式で学び、患者さんにとって有効で安全な機器の開発を行うスペシャリストを目指します。

講義一覧 案内動画

3

医療機器開発 のための
機器実習

Group Working

Ⅳ 知財実習①~出願準備編~

Ⅴ 知財実習②~活用戦略編~

8月 6, 20日

9月 3, 10日

申込締切:7月29日(金)

医療機器を理解する

実際に現場で活躍する最新の医療機器について、医師や患者の立場になって学びます。実際に使用されている医療機器の機能や特徴を知り、どのような経緯で開発されたかを学ぶことは、自らの医療機器開発に大いに役立つことでしょう。

弁理士による知財マネジメント実習では、開発する医療機器の知財をいかに保護するかについて考え、ニーズを形(製品)にして医療現場へ送り出すスペシャリストを目指します。

講義一覧 案内動画

4

医療機器開発
実践

Group Working

Ⅵ 事業計画

Ⅶ 保険戦略①

Ⅷ 保険戦略②

9月 24日

10月 8, 15, 22日

申込締切:9月16日(金)

ビジネスを理解する

ビジネスとしてのアウトプットを目指す医療機器開発を進めるために、企業などで実際に医療機器開発を実践してきた専門家から、自己の経験をもとに成功のポイント、失敗談、危機をどのように乗り越えたかについて学びます。

さらに、保険戦略、事業計画のグループワーキングでは、実際に保険適用されるにはどうすればよいか、どのような価格がつくのか、それを見越してどのような事業計画を立てればよいかについてのビジネススキームが描けるスペシャリストを目指します。

講義一覧

医療機器開発 のための
病院実習
(アドバンストプログラム)

日程は別途御案内します

実際の病院で医師たちの解説を聞きながら、医療従事者のチームに交じって臨床の現場を体験します。手術の見学に加え、日々ベッドサイドで働く看護師のニーズや、患者さんの声を聴きながら、今後の医療機器開発について考えます。

MDD公式アプリ登場!

講義概要・講師略歴の確認はこちらから!

アプリを開く