Policy 目的・理念


  1. 世界の医学、工学、情報科学分野などの研究者が連携し、新しい融合科学分野としての国際医工情報学領域を確立、プロジェクト研究を推進することにより新時代の融合応用科学を開拓し、国民の健康と福祉の向上、および新規産業の発展へ貢献する。
  2. 国際的な視野をもった、医学に精通した工学・情報科学系研究者および工学・情報科学分野に精通した医学系研究者の養成を行う。
  3. 本センターは開かれた国際的研究・教育拠点を目指すために、大阪大学内のさまざまな部局からの兼任教員のみならず、国内外からの招聘・客員教員で構成される。
    可変性の高い新時代の融合科学研究・教育システム構築を目指す。

Concept 医工情報学領域の研究と教育

  1. 医工情報学研究と教育における目的
    • ◯ 真に臨床医学の課題解決につながる革新的医工学・情報科学領域の創成
    • ◯ 生命論理のハード化・ソフト化のための工学・情報科学分野の開拓
    • ◯ 医学への親和性のある工学・情報科学の発展をもたらし、21世紀に必須の融合科学の開拓
    • ◯ 高度医療開発による国民福祉の増進と新規知識集約型産業の発展
    • ◯ 倫理性の高い臨床医学の課題に精通した工学・情報科学系研究者の育成
    • ◯ 倫理性の高い工学・情報科学に精通した医学系研究者を育成
    • ◯ 国際的視野を持って活躍する人材育成
    • ◯ 新産業育成のためのリーダーを養成する社会人教育の実践
    • ◯ 研究と教育をつなぐ国内外に開かれた融合研究プロジェクトの推進と実践的教育システムの構築

History 沿革

2004年 11月 大阪大学臨床医工学融合研究教育センター(MEIセンター)設置
センター長 倉智嘉久教授 就任
2003年 8月 宮原秀夫総長 就任
2005年 4月 博士前期課程教育プログラム自主的試行開始
社会人再教育ユニット 開始
2006年 1月 地域連携協議会 立ち上げ
4月 博士前期課程教育プログラム 開始
2007年 7月 グローバルCOE「医・工・情報学融合による予測医学基盤を指向した
オープンプラットフォームの構築」 プロジェクト開始
博士後期課程学生対象開発研究の実践的人材育成 開始
2007年 8月 鷲田清一総長 就任
2008年 1月 MEIワークショップ 開始
10月 高度職業人育成科 新設
2010年 6月 センター長 澤芳樹教授 就任
10月 産学連携部門 立ち上げ
2011年 4月 医・工・情報連携によるハイブリッド医工産学連携拠点整備事業
ー医工連携センター構築にむけてー プロジェクト開始
2011年 8月 平野俊夫総長 就任
2012年 10月 共同研究部門 立ち上げ
2015年 4月 センター長 八木哲也教授 就任
国際医工情報センター へと改組
医・工・情報融合領域におけるグローバル産学連携人材育成プログラムの構築
プロジェクト開始
8月 MEIサマースクール 開始 2015年 8月 西尾章治郎総長 就任
2016年 4月 センター長 坂田泰史教授 就任
寄附研究部門 立ち上げ
5月 MEIプロフェッショナルコース 開始
6月 MEIクラブ 開始
メディカルデバイスデザインコース 開始
2017年 2月 MEIレクチャー 開始
10月 MEIグラント(医工情報領域研究支援制度) 開始

このページの先頭へ